身長エトセトラヘッダー
身長エトセトラ

身長が伸びる筋肉トレーニング

 
 

身長を伸ばすために筋肉トレーニングは必要なのでしょうか?スポーツの種類によっては筋肉をつけることをタブーとしているスポーツもあるくらいです。


ここでは身長を伸ばすためにはどのような筋肉をつけ、トレーニングしていけばいいのかを説明していきます。

筋肉とは

筋肉とは、体の様々な部分を覆う部分ですよね。人の体は約200もの数の骨が体の骨格をつくり、その骨格を覆うものが筋肉で人体の形ができます。


筋肉があることにより骨を動かし、体を自分の思い通りに動かす要素を担っています。その筋肉で人は立ち上がり、姿勢を保つ要素となっています。


筋肉の中でも重要な筋肉といえるのが、骨格筋です。骨格筋がある事で歩いたり走ったり、飛んだりすることが可能となるのです。

 

成長期の筋肉トレーニング

トレーニング方法には、基礎の土台を作るトレーニングと筋肉をつける筋肉トレーニング等があります。


この筋肉トレーニングは、身長を伸ばす上で支障が出てくる可能性があります。


もしやりたいのであれば、幼いうちに行うのがいいでしょう。成長期だからといってひたすら思いものを持ち上げたり、ハードな筋肉をつけたりするトレーニングをしてしまったら、成長が止まる可能性がでてきます。筋肉というものは、腱などの付着部を通して骨と筋肉が付着しています。


筋トレをしすぎると骨が厚く太くなり、横に膨らんでしまうという結果になります。成長期にはインナーマッスルや適度な筋力をつけることを心がけましょう。

ウォーキング

有酸素運動の代表的な運動方法ですが、これが体には大切です。


ウォーキングの効果は基礎代謝を高めるだけでなく、足の動きがあるために、成長ホルモンが分泌されやすくなります。


他にも脂肪を燃焼させますし、基礎体力づくりには欠かせない運動です。

ダンベル運動

よくあるダンベル運動ですが、ここで気をつけたいところはダンベルの重さです。


あまり付加がかからない、軽いダンベルでおこなうのが基本です。


ムキになって5 kgや10kgなんていうのはいけません。過剰運動になってしまいます。1kgか2kgで十分です。見える筋肉を作るというよりは見えないインナーマッスル鍛えることを意識してください。

腹筋

腹筋には様々な方法がありますが、自分に適した方法でかまわないでしょう。腹筋をつけると脂肪燃焼にも効果があり、身長でも姿勢を保つ筋肉のひとつとして欠かせないトレーニングです。

背筋

これは背筋を伸ばし姿勢を伸ばすために、腹筋とともに重要な役割をする筋肉です。仰向けに寝て、脚をおさえてもらい自分の無理のないペースで最低でも20〜30回は行いたいトレーニングです。


腹筋と合わせて必ず行いたい運動です。

腕立て伏せ

これも基本的なトレーニングですが、バカにはできません。腕立てのトレーニングで肩幅が広がると、それに併せて身長が伸びる場合もあります。


腕の筋肉は何かと必要なものですから、トレーニングをして間違いはないでしょう。

垂直ジャンプ

学生などはおなじみの垂直ジャンプです。気軽にできる場所で行うと良いでしょう。常にジャンプをする運動をすることで、成長ホルモンが足にまんべんなく、行き届き効果は絶大です。

縄跳び

足の筋力をつける上で垂直ジャンプと同じく、ホルモンを分泌しやすい運動です。小刻みなジャンプによって、足の筋力をつけ、ホルモンによって、身長を伸ばす手助けをします。

 

筋肉トレーニングのまとめ

上記に書いたとおりで、トレーニングというほどの大きな筋力トレーニングは必要ありません。見たとおりで簡単で、手軽にできるとレーニング方法だけで、十分効果を発揮します。


何十キロもある重いダンベルトレーニングや体を消耗させるトレーニングは逆効果になるからです。毎日上記にあげたトレーニングを一日30分ほどでもやるだけでも効果はでてくるはずです。すぐには背は伸びませんが、その積み重ねによって、結果は後からついてくるでしょう。みなさんも頑張ってトレーニングしてみませんか?

▲ページTOPに戻る

身長が伸びる筋肉トレーニング
このページをブックマークする
身長エトセトラフッター