身長エトセトラヘッダー
身長

世界の身長

 
 

日本の平均身長の結果は世界から見るとどんな結果になるのでしょう。


ここでは世界の国々の平均身長を説明していきます。


どこの国の平均身長が一番高いのか、逆にどの国の平均身長が低いのかを調べていきます。

平均身長とは

平均身長とは、あくまでその国々で統計した資料です。


人の発育状態が現在どのような状況になっているかで、毎年計測されています。


個人差があっての平均ですのでホルモンバランスなどよって成長時期も変わってきます。あくまで目安という意味での平均です。


 

各国の平均身長

違う国の人達はどのような平均身長なのでしょうか。


日本はその中で、どのくらいの平均身長をもつ国なのでしょうか。


違う国の人達の平均身長と見比べていきましょう。

中国の平均身長

中国の平均身長は男子170cmと女子が159cm。日本よりは男子が1cm低く、女性が1cm低い程度です。ほぼ変わらない平均身長ですよね。


神秘の国の中国では高身長をもつ人も多数います。


バレーを見ている方は知っていると思いますが、女子バレーの趙蕊蕊(チョウヌイヌイ)選手がなんと196cmという身長の高さです。今では世界一の壁と呼ばれる存在として活躍中です。

韓国の平均身長

お隣の国、韓国の平均身長は男性が173cm、女性161cmです。


日本から見ると2〜4cmも高い身長となります。


今では韓国ブームなどもあり、かなり身近な国としても人気があります。韓国の高身長の人は、K1選手のチェ・ホンマン選手でしょうか。


身長が218cmもある巨体で試合をしています。元はシルムというスポーツで、日本でいうと相撲のような競技で優勝しています。


その後以前から参戦を考えていたK-1に参戦したようです。

北朝鮮の平均身長

何かと問題のたえない国の北朝鮮。平均身長は男性が165cm、女性が154cmです。


日本や諸外国から見ても一番平均身長の低い国ではないでしょうか。その理由としては、テレビなどでも取り上げられていますが、食糧不足などが大きな打撃をあたえているのでしょう。


北朝鮮にはどれだけまともな食事をとっている人がいるのでしょうか。その栄養不足から身長も伸び悩んでいます。

ドイツの平均身長

平均身長の高い国の一つと言える国はドイツです。


平均身長は男性180cm、女性168cm。日本との違いは約10cmも違います。なぜこのように身長が高いのでしょうか。


食生活や生活習慣の違いですが、これだけ差がでています。ドイツはサッカーなども強いことで有名な国ですよね。そのサッカーのプレイスタイルは、身長を生かしたヘディングや空中戦が得意でその高さや得点力には目をみはるものがあります。

アメリカの平均身長

日本では馴染みの深い国のアメリカ。平均身長は男性が175cm、女性が162cmです。


日本との差は約4cm。アメリカの特徴である生活習慣はかなり大きな要素となっています。


日本とは違い必ず椅子などで食事をとる事や、靴を脱がない生活習慣からもきているのでしょう。


野球やバスケットボール、アメリカンフットボールなど、世界で最もスポーツの盛んな国といえるのではないでしょうか。

オランダの平均身長

世界で一番平均身長の高い国と呼ばれているのがオランダです。


平均身長は男性が182.5cm、女性が170.5cmと脅威の数字を誇ります。一番の違いは食生活でしょう。オランダ人は鰊を好んで食べていて、丸一日鰊に関係する食材を食べています。


他にもオランダはチーズでも有名な国です。チーズや鰊に含まれている栄養素を常に取っていることで身長の高さに影響があるのかもしれません。

 

世界の高身長

世界で一番背の高かった人物は、アメリカ人のローバト・ワドローさんです。身長が272cmと約3メートルに及ぶ身長の高さでした。現在ではモンゴル出身の男性で、サイ・シュンさんで身長は236.1cmです。


生存者の中では世界で最も背が高く、ギネスブックにも載っています。女性ではツェン・チン・リエンさんで248cmの身長の高さでした。


生存者の女性で一番身長の高い人はアメリカのラドゥアン・アレンさんが231cmで世界1位です。


このように極端な身長になる場合もまれにあるのが現実でしょう。日本もバスケット選手だった岡山選手は身長が233cmもありました。高身長になる可能性があるのは海外だけではないということでしょうね。

▲ページTOPに戻る

世界各国の人の平均身長
このページをブックマークする
身長エトセトラフッター