身長エトセトラヘッダー
身長エトセトラ

身長を伸ばすのに悪影響なこと

 
 

身長を伸ばすためには、やってはいけない事が多数あります。それでは、やってはいけない事とは何でしょうか。


なぜ、身長に悪影響が出るのか、悪影響が出ないようにするには、何をしたらいいのかを説明していきましょう。せっかくの頑張りが、無駄にならないためにも、知っておきたい知識ですよね。

身長への悪影響とは

身長への悪影響とは、まさしく身長が伸びなくなるための行動とも言えます。


身長を伸ばすためには、骨を形成し、骨を伸ばすという体のメカニズムがありますよね。


逆のパターンの事をやってしまえば、ホルモンバランスや骨を弱くしたりと、身長を伸ばす体のメカニズムにストップがかかります。


もちろん、ストップがかかってしまうと身長の伸び率が止まってしまいます。


それだけでなく、他の体の成長も鈍くなってしまいます。そうなってからでは遅いのです。


そうならないために、避けたい行動について紹介していきましょう。


 

ストレスが及ぼす身長への影響

ストレスも身長に影響を与える要素になります。その理由として上げられるのは、ストレスによる成長ホルモンの分泌の変化です。


ストレスを抱えることにより、成長ホルモンは活発に活動しなくなるのです。成長ホルモンは脳から分泌されるので、脳に悪影響を与えるストレスは、悪影響にしかならないのです。


そのほかにも、ストレスは睡眠にも影響を与えるのです。


ストレスがたまってイライラしたりしていると、なかなか眠れなくなりますよね。


たとえ睡眠にはいったとしても、眠りは浅く、身長に必要な深い眠りにはつけないのです。


身長に最大限に必要となる成長ホルモンを育てる、脳や睡眠を壊されてしまっては意味がなくなってしまいます。


そのためにも、改善できるストレスはなんとしてでも解消したいところです。あまり神経質になり過ぎず、大きな心でいる必要があります。


難しいことですが、未来の自分のためにも頑張りましょう。

 

喫煙による身長への影響

喫煙することで及ぼす悪影響とは何でしょう。詳しい知識をもっている人は少ないのではないでしょうか。


ニコチンが原因なのは確かです。


そのニコチンがなぜ、成長に影響を出すか、それはやはりこの成分が、脳に必要のない刺激を与えるからなのです。脳に刺激があるということは、成長ホルモンの妨げになるということです。


それだけではなく、血流の流れや肺など様々な箇所に影響を及ぼします。


現に私は、吸い始めた時期から成長が止まってしまいました。「百害あって一利なし」という言葉が当てはまるように、吸い始めるとその依存性により、吸っていないとイライラしてしまいます。


結論としては、吸ってしまえばイライラでストレスもたまり、依存性で体にも悪影響を及ぼすだけなのです。


もし、まだみなさんが喫煙をしていなかったら、吸わないでいることをおすすめします。


毎日喫煙をするためにお金を出して買ったりすることで月ごとにかかる金額もバカになりません。色々な面から見ても得はしません。


今では料金も高くなり吸う場所でさえ少なく、見ていてもとてもかっこいい仕草ではないのですから。

 

運動による身長への影響

運動による身長の影響とは、別のページでもトレーニング方法など色々と書きましたが、やりすぎや時期によっても悪影響を及ぼす場合があります。


例えば、現在成長期で間接が痛くなっている場合などは危険です。無理をしてまでトレーニングをしていると、軟骨がはがれてくるのです。


それにより、軟骨が変形し固まってしまうことによって、縦に伸びるはずの骨が、瘤上の形に変形してしまいます。たまに膝に瘤ができている人がいますが、そんな人は無理なトレーニングや運動をしすぎたせいでしょう。


これは関節の状態としてみても、決してプラスなことではありません。縦に伸びずに変形しているのですから。成長期などの期間というのは骨や軟骨はまだ成熟していないのです。


そんな状態で筋肉質な体になりたいからといって、無理なウエイトトレーニングなど、骨に直接負担のかかる運動をすれば、骨に負担がかかって形が崩れてしまうのです。その他にも無理なトレーニングで性ホルモンが活発に働き、成長が止まるのを早める要素もあります。


ほどほどのトレーニングも大切なのです。軽い運動でも痛みや違和感がある場合は、休養するのも大切なのです。ほどほどの筋肉トレーニングは必要ですが、くれぐれもやり過ぎや無理に負担のかかる運動は、避けましょう。マイナス要素しかなくなりますよ。

▲ページTOPに戻る

身長を伸ばすのに悪影響なこと
このページをブックマークする
身長エトセトラフッター