身長エトセトラヘッダー
身長

成長期と身長

 
 

人はなぜ、成長期に身長が伸びるのでしょうか?


その成長期の体の仕組みなどはどのような状態なのでしょうか。


また、身長はいつ伸びているのか、いつまで伸び続けるのか気になりますよね。このページではそんな疑問について紹介していきます。


身長が伸びやすい時期や時間を知って、少しでも身長を伸ばす基礎を学んでいきましょう。

成長期とは

成長期とは、人の体がまだはっきりと形成されず、成長を続けている状態の事です。骨に関していうと「骨端線」が、成長ホルモンによって形成を続けその結果身長も伸びるのです。


この期間の体は未熟な状態でどんどん成長し、体も大きくなっていきます。


成長期の間は身長も伸び、顔や外見、体格も変わっていくので、まだ体は完全に形成されていない状態です。


この時期の行動によって、人の色々な外見や内面に変化が起きる大切な時期となるのです。身長を伸ばしたい人は、成長が続いている期間に色々とできる方法を試したい時期です。


 

身長が伸びやすい時間

身長が伸びやすい時間帯はやはり夜です。睡眠中に骨が形成されているので、夜寝てからが勝負です。


起きている時間帯の過ごし方で、成長ホルモンの分泌が変化するので、できるだけ深い眠りにつけるよう、努力が大切です。また、骨以外には筋肉なども形成されています。


骨の成長を助ける部位の一つが筋肉ですので、運動や柔軟体操などの軽いストレッチなども効果があるのです。


そのために、日中や夕方など、空いている時間を利用して行うのも効果的な方法です。


運動は眠りにつきやすくするだけではなく、内臓の働きや血液の循環のためにも必要な方法です。


内蔵や血液など体の具合がおかしいと、成長ホルモンはきちんと働いてくれません。


成長ホルモンの働きが悪いと、せっかく身長の伸びている時間がわかっても意味をもたなくなってしまいますので、気をつけたい部分です。

 

身長が伸びやすい季節

一年を通して見てみると、夏に一番背が伸びるようです。気候の問題や、海水浴などで他の季節よりも多く運動したりする事なども理由にあるのでしょう。


暖かい季節ですから、体を動かすことによって、血液の循環を良くしたりもするので、筋肉や骨の発達にも効果があるのです。


全般を通してみると春から秋で、寒い冬には身長は伸びにくいようです。


この結果から、夏までの過ごし方やそのあとの秋の時期までが身長を伸ばす勝負の期間ですので、その季節の節目を活発に活動し身長を伸ばす方法として、役立ててください。

 

成長期はいつまで?

成長期と呼ばれる体の形成が続くのは、男性の場合は23〜25歳まで、女性の場合は20〜22歳位までと言われています。


一番の成長期は、やはり6歳から17歳位の年齢の頃に一番変化が見られる時期です。ですので、小学生から20代半ばまでは成長する可能性があるとうことです。


ただ、人により個人差がありますので、早い人では十台後半で身長がとまる人もいれば、二十代後半でも身長が伸びる人もいます。


あくまで、ここで紹介しているのは、平均値ですので、必ずこの年代でしか身長が伸びない、等というようなことではありません。なぜ年齢によって人に個人差が出るのかと言うと、性ホルモンが関係してくるからです。


性ホルモンは成長をする上で必要な要素なのですが、そのホルモンの分泌の仕方で、成長期を早くしたり遅くしたりするものなのです。

 

成長期のまとめ

成長期が続いている理由は骨の「骨端線」が発達していれば限りなく身長が伸びる可能性があります。いかに「骨端線」の発達を促すことができるかが、身長が伸びる第一歩となるのです。


一般的に「骨端線」が残る時期は前述でも述べましたが、男性の場合は25か26、女性は22から23位までが限界とされています。


しかし、これもあくまで基準ですので、個人差によって変わります。規則正しい生活を過ごすことによって、変化していくでしょう。


規則正しい生活は身長の伸びる率だけではなく、体の体調管理などにも役立ちますので、あまり無理をしないで、きちんとした生活習慣をおくることが、いかに大切かが、わかってくると思います。


せっかく努力をして頑張っていても、体調を崩して寝込んでしまっては意味がありません。


生活習慣を見直して、そして食生活や運動の仕方を見直す必要があるのです。

▲ページTOPに戻る

成長期と身長の関係
このページをブックマークする
身長エトセトラフッター