身長エトセトラヘッダー
身長エトセトラ

身長の伸びる仕組み

 
 

ここでは、意外と知られていない身長の伸びる仕組みについて解説していきましょう。


身長を伸ばす仕組みと身長の伸びる三大要素といえば、運動・食事・睡眠ですね。この三本柱となる仕組みをここではその一つ睡眠について、その要素を理解し身長を伸ばす第一歩といきましょう。

身長が伸びる仕組みとは

身長とはそもそもどうして伸びるのでしょうか?それは骨が伸びているのです。


各関節の軟骨で「骨端線」と呼ばれる部分が増えていくことで身長が伸びていきます。骨というのは古くなるものなので、体の中で骨を活性化させる作業がおこなわれています。


骨の原料となるものは、カルシウムやコラーゲンと呼ばれるもので古くなった骨が新しく作成されることなどにより、身長が伸びていく仕組みです。


簡単に言えば、骨の入れ替えている時にブロックなどのように積み重なって伸びているのです。子供の背が伸びている時に痛みをうったえる理由は、そこからきているのでしょうね。


 

身長を伸ばすために必要な事

身長を伸ばすための骨作りに必要なもので思いつくのは栄養ですよ。


その他にも、運動や睡眠など規則正しい生活をすることも必要となってきます。


栄養をタップリとって、骨を丈夫にすることで、骨が成長し伸びるのです。その規則正しい生活の効果で身長が伸びる要素となります。


生活習慣というのは重要なポジションと言えるでしょう。運動はなぜいいのかというと、骨に適度な刺激を与えるからです。


骨に刺激を与える事によって、成長ホルモンに刺激し、より体内での骨づくりが活発になります。睡眠については、人は寝ているときにホルモン分泌が多く活動し、その結果身長が伸びる結果にもつながっていくのです。


以上をふまえて、いかに規則正しい生活が、身長を伸ばす仕組みに大切なのかを理解してください。

 

身長を伸ばす睡眠について

上記で話しましたが、睡眠は成長ホルモンにとって大切なことです。


ではその睡眠をどうとるかについて紹介していきます。


睡眠は平均として、1日に最低でも7時間は必要です。人が眠りにつくと約2時間で成長ホルモンが分泌されるといいます。


しかし、夜中にすぐ目が覚めたりする人には、効果が薄いのです。深い睡眠をとらなければ、成長ホルモンが分泌されないからです。

深い睡眠をとる方法とは

まず一つに、光を見ると効果があるといわれています。


1日に1時間くらい3000ルクス程度の光を見るのが効果的です。3000ルクスの明るさとは、本屋さんの照明の明るさぐらいです。明るすぎては、逆に興奮して眠れなくなることもあります。他にも牛乳に蜂蜜を入れて飲むのも効果的です。


牛乳に含まれる栄養素のカルシウムがイライラを抑え、牛乳に含まれている眠りをさそう成分、「メラトニン」と呼ばれる成分が、蜂蜜などと一緒にとると吸収されやすく、効果が出やすいのです。

睡眠前に避けたいこと

睡眠に入ると「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」に分かれます。


体などを直してくれるのが「ノンレム睡眠」時で、脳の活性化に力を発揮するのが、「レム睡眠」です。身長を伸ばすために必要な要素は「ノンレム睡眠」ですが、眠りが浅いとどちらにも効果がありません。そのために気をつけたい事は、寝る前の食事。


内臓の動きを活発化させてしまうので、眠くなりにくくします。


また、満腹状態でいると成長ホルモンの動きも鈍くなってしまいます。


その他にはストレスも不眠の原因となります。心配事や不安なことがあると、その事ばかり考えてしまい、眠りになかなかつけなくなってしまいます。

よく眠るために普段できること

適度な運動や軽いストレッチなどを行うだけでも睡眠につきやすくなります。


やはり体が疲れると眠りにつきやすいですよね。その他にもホルモンを刺激するのにも役立ちます。お風呂にゆっくりと浸かることも効果的ですよね。ストレスに関しては、一日に一回、首を回すことによって効果があるといいます。


その理由は「セロトニン」という脳内のホルモンが首を回すことで分泌され、気分が落ち着く効果があります。ぜひ試してみてください。

▲ページTOPに戻る

身長が伸びる仕組み
このページをブックマークする
身長エトセトラフッター