kinniku

背伸びのための適度な運動

私たちの外観の80%が遺伝子によって決められていることは、周知の事実です。すなわち、ある程度の身長をもった家庭から生まれてくる人々は、その親のどちらかと同じ高さの身長になる傾向があります。しかしながら、自分の親より身長の高い親戚や祖先がいないはずなのに、子供が親のどちらかより大きくなることが、ごく普通なことです。Height(ハイト)-etcは、健康且つ心地良いやり方で、あなたがより高くなるようサポートいたします。

背が伸びるほとんどの場合、私たちが実行していることや摂取していることと関わっています。動きやポーズもとても重要なのです。なぜなら、私たちの代謝が体力活動に反応するからなんです。これには、姿勢、エクササイズとストレッチが含まれます。

背伸びを妨げる要素を取り除く

身長の発育には、体の中にある細胞の健康状態が大切です。ある程度の年齢に達すると、コラーゲンの生産が低下し始めます。日光、喫煙および糖分、この三つの要素により、コラーゲンの生産が停止してしまう人もいます。

体が休んでいる間、皮膚血流を増し、コラーゲンの再構築が行われるため、睡眠もまた成長に有効です。ほかにも、紫外線によるダメージの修復も睡眠時に行われています。その一方で、コーヒーは発育にとても有害なものです。

必要な栄養をとる

食べているものから栄養を摂取し、それで身体は成長しています。たんぱく質、カルシウム、鉄分やマグネシウムなどが豊富に含まれた食事を好きなだけ食べましょう。ビタミンC やDを含んだものも食べて下さい。肉、野菜や果物にも栄養が含まれています。ただ、体の発育を保つためには、塩分、糖分、酸度の高いものを控えましょう。

体力運動

身体を動かすことは代謝を保つのに重要なことなんです。また、直立することを気にすれば姿勢にも良いんです。過度に汗っかきの運動をする必要はありません。下記のチェックリストに従えば十分でしょう。

デイリールーティン

  • 簡単な歩く動作や階段の上り下りのようなシンプルな体力運動。長時間座ったり、横になったりしないこと。もし仕事上長時間机で作業する場合、休みの時間に席を離れ、オフィス内を軽く歩いて下さい。
  • 立っているときも座っているときも自分の姿勢に気をつけましょう。気が抜くと身体は自動に猫背になります。最初から身体を能動的にまっすぐさせるのは苦痛かもしれません。ただやり続ければ、からだがもとの状態に戻るでしょう。

週に最低2回は必要

  • 早歩きやバイクに乗るような適度な有酸素運動。水泳も同じ効果が得られます。一日少なくとも150分の適度な運動が必要です。
  • もし十分な時間がないなら、一日に75分の高強度のトレーニングを行うと良いでしょう。階段の上り下りやジョギングなどが対象になります。

これらの活動は平均的成人を対象にしたものではありません。妊婦や身体障がい者たちにも適用されます。心臓には良い効果が見られます。

身長を伸ばすために筋肉トレーニングは必要なのでしょうか?スポーツの種類によっては筋肉をつけることをタブーとしているスポーツもあるくらいです。

ここでは身長を伸ばすためにはどのような筋肉をつけ、トレーニングしていけばいいのかを説明していきます。

筋肉とは

筋肉とは、体の様々な部分を覆う部分ですよね。人の体は約200もの数の骨が体の骨格をつくり、その骨格を覆うものが筋肉で人体の形ができます。

筋肉があることにより骨を動かし、体を自分の思い通りに動かす要素を担っています。その筋肉で人は立ち上がり、姿勢を保つ要素となっています。

筋肉の中でも重要な筋肉といえるのが、骨格筋です。骨格筋がある事で歩いたり走ったり、飛んだりすることが可能となるのです。

成長期の筋肉トレーニング

トレーニング方法には、基礎の土台を作るトレーニングと筋肉をつける筋肉トレーニング等があります。

この筋肉トレーニングは、身長を伸ばす上で支障が出てくる可能性があります。

もしやりたいのであれば、幼いうちに行うのがいいでしょう。成長期だからといってひたすら思いものを持ち上げたり、ハードな筋肉をつけたりするトレーニングをしてしまったら、成長が止まる可能性がでてきます。筋肉というものは、腱などの付着部を通して骨と筋肉が付着しています。

筋トレをしすぎると骨が厚く太くなり、横に膨らんでしまうという結果になります。成長期にはインナーマッスルや適度な筋力をつけることを心がけましょう。

ウォーキング

有酸素運動の代表的な運動方法ですが、これが体には大切です。

ウォーキングの効果は基礎代謝を高めるだけでなく、足の動きがあるために、成長ホルモンが分泌されやすくなります。

他にも脂肪を燃焼させますし、基礎体力づくりには欠かせない運動です。

ダンベル運動

よくあるダンベル運動ですが、ここで気をつけたいところはダンベルの重さです。

あまり付加がかからない、軽いダンベルでおこなうのが基本です。

ムキになって5 kgや10kgなんていうのはいけません。過剰運動になってしまいます。1kgか2kgで十分です。見える筋肉を作るというよりは見えないインナーマッスル鍛えることを意識してください。

腹筋

腹筋には様々な方法がありますが、自分に適した方法でかまわないでしょう。腹筋をつけると脂肪燃焼にも効果があり、身長でも姿勢を保つ筋肉のひとつとして欠かせないトレーニングです。

背筋

これは背筋を伸ばし姿勢を伸ばすために、腹筋とともに重要な役割をする筋肉です。仰向けに寝て、脚をおさえてもらい自分の無理のないペースで最低でも20~30回は行いたいトレーニングです。

腹筋と合わせて必ず行いたい運動です。

腕立て伏せ

これも基本的なトレーニングですが、バカにはできません。腕立てのトレーニングで肩幅が広がると、それに併せて身長が伸びる場合もあります。

腕の筋肉は何かと必要なものですから、トレーニングをして間違いはないでしょう。

垂直ジャンプ

学生などはおなじみの垂直ジャンプです。気軽にできる場所で行うと良いでしょう。常にジャンプをする運動をすることで、成長ホルモンが足にまんべんなく、行き届き効果は絶大です。

縄跳び

足の筋力をつける上で垂直ジャンプと同じく、ホルモンを分泌しやすい運動です。小刻みなジャンプによって、足の筋力をつけ、ホルモンによって、身長を伸ばす手助けをします。

筋肉トレーニングのまとめ

上記に書いたとおりで、トレーニングというほどの大きな筋力トレーニングは必要ありません。見たとおりで簡単で、手軽にできるとレーニング方法だけで、十分効果を発揮します。

何十キロもある重いダンベルトレーニングや体を消耗させるトレーニングは逆効果になるからです。毎日上記にあげたトレーニングを一日30分ほどでもやるだけでも効果はでてくるはずです。すぐには背は伸びませんが、その積み重ねによって、結果は後からついてくるでしょう。みなさんも頑張ってトレーニングしてみませんか?