taiso

身長を伸ばすための体操とエクササイズルーティン 

身長を伸ばすには、遺伝的な部分に依存するだけでなく、身の回りの環境や自分の行動にも影響されます。実のところ、それを気にせずに高くなる時期が存在します。

体操が、身長を伸ばすための一つのスポーツであることはご存知でしょうか?体操は忍耐力、柔軟力、筋力、調和力及びバラス能力が必要なスポーツであるほか、身長を伸ばすために有効なスポーツでもあるんです。

体操をやると背が伸びないなどのうわさをよく聞きます。これは正しくなく、体操選手が高くない本当の理由というのは、遺伝的な部分と、強度のトレーニングにより思春期が遅れたためなんです。

Height (ハイト)etcでは、身長を伸ばすのに有効なエクササイズ、体操及び運動ルーティンをいくつかお教えします。

エクササイズルーティンをより効果的にするため、ホルモンを活動的にさせる動作を開始することが大切です。下垂体の前葉によって分泌される一種のホルモンとなります。

下記より実践できる基本的な動きを確認してください:

縄跳び

15分間縄跳びすれば、ホルモンに刺激を与えられます。縄跳びしている間、筋肉とじん帯が収縮とストレッチを繰り返します。これにより、ストレッチエクササイズを行えるほどの柔軟性を養います。

また、縄跳びは骨を長く成長させ、骨の量も増加させるのに有効です。さらに、余分な脂肪を落としてくれます。

垂直跳び

この種の運動は、骨端軟骨に刺激を与えてくれます。縦方向に成長することが、軟骨組織の役目になります。縄跳びと同様に、1日に少なくとも15分間行ってください。

ジョギング

縄跳びと垂直跳びのように、家の周りをジョギングすることで、体の成長ホルモンに刺激を与えられます。体の代謝や血液循環も調整してくれます。毎回ジョギングするときに、自分の目標距離を設定しさえすれば効きますよ。

ストレッチ

ジャンピングエクササイズのほかに、ストレッチも身長をのばすために最も有益な方法の一つです。成長ホルモンの分泌も含め、血液循環も改善してくれます。ストレッチの一番良いところは、寝る前にできることなんです。さらに、睡眠の質も高めてくれます。

エクササイズをやると背が伸びることは証明されていますが、オーバーワークになることは禁物です。運動し過ぎて体を休まないのは、逆の効果をもたらします。身長が伸びる代わり、成長自体止まってしまうでしょう。過度の運動に身を投じると、思春期の遅延を引き起こすでしょう。

絶えず自分の運動がオーバーワークになっていないことを確認しましょう。さらに、運動の効果を有効にするために、健康でバランスの取れた食事も維持することを常に心がけましょう。

健康で強い体になろう~!

運動をすると身長を伸ばす効果があると言われても、どんな体操や運動をすればいいのか、よく分からないですよね。

ここでは身長を伸ばすのに効果的といわれている、運動の方法や、体操の方法を紹介していきます。スポーツをやることも、一つの方法となります。

「子供には身長が高くなってもらいたい」と考えているあなたの疑問を解決します。子供の頃に行うスポーツ等によっても、身長に個人差が出てくることは多いですよね。

スポーツは楽しむためにやるものですが、そのスポーツや運動でも身長が伸びるのなら、それにこしたことはありません。ここでは運動・体操・スポーツ等の方法について触れていきましょう。

身長を伸ばす運動とは

なぜ運動で、身長が伸びるのでしょう。身長が伸びるのには成長ホルモンが必要不可欠です。運動をするとその成長ホルモンの分泌が活発になる要素があるのです。

骨の発達には成長ホルモンが関係してきますので、成長ホルモンの働きを促す運動をすることにより、骨が成長していくわけです。

運動することよって、「脳下垂体」と呼ばれる多くのホルモンを分泌している内分器官で、脳の直下にあります。

この「脳下垂体」を刺激することによって、成長ホルモンの分泌が活発になり一緒に血液の循環もよくし、成長ホルモンが体全体にいきわたるのです。運動するのには成長ホルモンを活性化させるという理由があるのです。

身長が伸びる運動

身長が伸びる運動は「骨端軟骨」に刺激を与える運動が適しています。ジャンプをする運動や全身運動に効果があります。

例えば、縄跳びを15分程度行うだけでも、運動の効果があります。ジャンプをし、ほどよく脚に刺激を与え成長ホルモンも活発にさせます。

垂直飛びの練習も骨端軟骨に刺激を与えるのに適した運動です。これもジャンプ系の運動ですが縄跳びと同じように手軽にできる運動のひとつです。

ジョギングも全身や脚に適度な刺激を与える、運動です。これも1日に目標の距離数を決めて行うと効果的です。

身長が伸びる体操

やはり脚に刺激を与えるストレッチが効果的です。ストレッチをすることによって、成長ホルモンの分泌を促進させ血の流れもよくします。

筋肉も柔らかくなるので、骨の形成には必要不可欠でしょう。

運動する前に軽いストレッチをしたりすると、運動した時にも効果がよりアップします。

寝る前のストレッチも効果があります。

寝る前にストレッチをすることにより、睡眠もとりやすくなります。

寝る前にストレッチを行うことで、体を柔らかくしたり、血の流れもよくするのでより効果的な方法です。運動よりも楽にでき、効果も期待できる方法です。足首や膝、背筋を伸ばすストレッチなど身長に関係してくる体の縦部分のストレッチが効果的な方法でしょう。

身長が伸びるスポーツとは

身長が伸びるスポーツはやはりジャンプをするスポーツが一番です。子供の頃からやらせたいスポーツでは、バスケットボールやバレーボールなど、常にジャンプしながら行う競技は脚に刺激を与え成長ホルモンの分泌を促進させます。

その他にも水泳などの全身運動ができるスポーツも効果的です。

バスケットボールやバレーボールの選手の身長が高いのは、そのスポーツでしかできない、動きが成長ホルモンに役立つからといえます。

子供がそのようなスポーツに興味を示せば、子供の身長も大幅アップするかもしれませんね。

身長を伸ばしづらい運動やスポーツ

身長を伸ばすために、運動やスポーツをするのは大切なことですが、それにも限度があります。それはなぜか、やりすぎは良くないということです。

頑張りすぎはむしろ逆効果になる場合が多いのです。

筋力をつけるために、重量挙げやボディービルなどは、むしろ筋肉を硬くしすぎるので、成長にはマイナス効果です。子供などにはやらせないと思いますが。

基礎体力をつけるための筋力トレーニングはいいのですが、そのやりすぎは逆効果になるということです。

あとは、激しい運動も逆効果です。その理由として、やはり筋肉が硬くなってしまうからです。そして成長ホルモンではなく、男性ホルモンなどの分泌を促進させてしまいます。なぜ男性ホルモンが出すぎると良くないかは、その男性ホルモンは、成長を促進させるホルモンですので、それが発達しすぎると、成長の止まりが早まる危険性があるからです。せっかく運動をしても、成長が止まったら悲しいですよね。そのために適度なバランスを保ちながら運動やスポーツをしましょう。