kanren

 身長の成長に影響を与える他の要因

ビタミンとミネラルは成長に影響を与える主要な要素ですが、成長を促進したり阻害したりするのはユニーク要因ではありません。 ハイトエクセトラでは、身長に影響を与える遺伝やホルモンなどの他の要因について説明します。

 

身長と遺伝の関係は?

遺伝は人間の繁殖を通じて親の遺伝子が子に伝わる現象です。 遺伝子には親の特徴が含まれていますが、遺伝子を受け継いだからといって、子どもがすべての要素を受け継ぐ保証はありません。


遺伝とは親からのすべての形質が同時に伝達されるのではなく、一部または数世代にわたって発生することを意味します。 遺伝が身長に与える影響はおよそ20~30%と言われています。 つまり、親が背の高いからといって、子どもが必ず背が高くなるわけではないということです。


要するに、背の低い親でも、親より背の高い子を産むことができるということは遺伝学だけでは説明できないです。

遺伝がなければ、身長の成長に影響を与えるのは何でしょう?

生活様式は成長に影響を与える上で重要な役割を果たします。 健康的でアクテイブな生活をしている人は身体の発達が見られます。食事はバランスがとれていますか、体は骨や筋肉を作る必要があるビタミンやミネラルを豊富に含んでいますか?体の循環と筋肉のパフォーマンスを改善するために頻繁に運動していますか?毎日8時間寝ますか。


これらすべてが成長に影響します。 親の遺伝子に頼ることはできません。親の背が高いので、あなたは数年で背が伸びるかもしれないと考えていけません。 一般的な見方に反して、身長を決めるのは遺伝子ではなくて、成長ホルモンです。

 

身長を上げる3つ主要なホルモンは何ですか?

身長には遺伝的要因ではなくホルモンの増加が重要な役割を果たしていることはあまり知られていません。 身長上昇に影響を与える3つの主要なホルモンは成長ホルモン甲状腺ホルモン性ホルモンです。


成長ホルモンは脳から分泌されるホルモンで、体全体の成長を制御します。 肝臓に伝達されると、IGF-Iと呼ばれるホルモンを産生します。 このホルモンはより多くの軟骨細胞を骨の成長に変換します。


甲状腺ホルモンは甲状腺から分泌されます。 骨や軟骨を含む体全体の新陳代謝を刺激します。 甲状腺ホルモンの欠乏は背が低くなります。


男性の場合、成長ホルモンは睾丸から分泌されますが、女性の場合は卵巣から分泌されます。 男性ではテストステロン、女性ではエストラジオールになります。 これらのホルモンは筋肉や骨の成長を促進します。 しかし、この性ホルモンが多く分泌されれば分泌されるほど、その成長は早く終わります。

?
身長と簡単に言ってきましたが、身長に関連してくるものには何があげられるでしょうか。

どれだけ体のことについて考えたり、研究したりできるでしょう。たとえば、遺伝などについて考えてみたことはありませんか?

遺伝だから自分は背が伸びないとか、ここが親に似ているのは遺伝だからしょうがないとか、そんな考えをもった事はありませんか?

はたして遺伝とはどれだけ人に影響を及ぼすものなのでしょうか。

その他にも、自分の身長と体重の平均値を知りたくないでしょうか。

自分はどんな体型なのだろうかとかなど。その他にも身長に悪影響を与える要因についても知っておきたいですよね。

遺伝できまる個人の身長の差

遺伝とは何かとよく聞く言葉の一つですよね。遺伝にはどれだけ子供や子孫に影響を与えるのでしょうか。

気になる事の一つですよね。遺伝で身長が決まってくるとか考えた事はないでしょうか。

親の身長が低いから、「遺伝なんだね~」なんて言われたことはないでしょうか。しかし意外にも遺伝が及ぼす影響は、低いのって知っていましたか?

もし遺伝ですべてが決まるのなら、身長の低い親から身長の高い子供は生まれないはずですよね。

その他にも、両親は凄い痩せているのに、子供は異常なぐらいに肥満体型の子供であったりしませんか。遺伝だけでは解決できない、問題がここにあります。遺伝だから等すぐに諦めてしまわずに、色々な解決方法を考えていきましょう。

?

身長と体重の平均値とは

みなさんは自分の平均体重などを知っていますか?たとえば170cmの身長に対しては、何kgの体重が標準であるとか。知っているようで知らない身長と体重の平均値について考えていきましょう。

身長の伸び率はご存知でしょうか?

幼稚園から高校生までの、平均の身長と体重をグラフにして紹介します。このグラフから自分の年齢と身長や体重を照らし合わせて、標準からどの程度の誤差があるのか、痩せ気味なのか、太り気味なのか、色々と調べていきましょう。

今まで気づかなかった事が、分かってくるかも知れません。

自分に子供ができた時など、毎年身長を測って記録していくのもいいですよね。ただ、人によって成長や身長の伸び方には誤差があるので、あくまでも目安にしてください。

?

身長を伸ばすのに悪影響なこと

身長を伸ばすのに逆効果になるものを知っているでしょうか、これは意外と重要な要素で知らず知らずに生活習慣の一つになっていると、身長は伸びなくなってしまいます。

では、そこの原因について考えていきましょう。

誰でも知っているようにたばこは問題外です。これに含まれる成分など体に与える影響力はかなりのものがあります。

その他には、ストレスがあります。ストレスが続くことより、体や脳には負担がかかります。

体調不良はもちろんのこと身長や体の成長にも大きな影響があるのです。

運動についても、悪影響があると言えます。程よい運動ではなく、やたらと筋肉をつける筋力トレーニングや、成長期で体の完成していない状態での過剰な運動。ホルモンバランスに影響を与えることとなります。

?

身長に関係するもののまとめ

上記にあげた種類のことを詳しく各ページで説明しています。身長を伸ばすために知っておきたい遺伝の話や、身長と体重の気になる平均値

身長を伸ばすのに知っておきたい悪影響を及ぼす生活習慣についてなど。

知らないままでいると失敗の元になりますよ。私もこの悪影響になることなどは、知らず知らずにやってきたような気がします。全て遺伝からきているものだと考えてきました。

その知識不足から後々後悔することになってしまった気がします。バレーボール等で有名な益子選手などは両親の背が低いって知っていましたか?

女性でいて身長が175cmもあります。しかもそれは遺伝ではないのです。みなさんも希望が持てるでしょう。生活習慣や運動と睡眠の三大要素を満たしていけば、両親の身長が低くても身長が180cmになるのも夢ではないのかも知れませんね。